紙こよりの会 中田相談役

“多聞言葉”シリーズ(探喫10‐12)

投企

コロナウィルスの猛威になす術もなく、3月中に予定していたあらゆる行事が延期あるいは中止となり、まさに1ヵ月が過ぎようとしている。今尚も、予断を許さない状況である。

紙こよりの会主催の『中津駅のアポロン(第7期第)』(5月26~31日)も開催を、残念ながら、見送った。年に1回のペースで開催であるし、今回は第二回ジャズフェスティバルも開催予定だったので、何とか実施したかったのだが断念・・・。しかしながら未定ではあるが(10月13日~18日)延期開催を予定しております。

このオープニングで、話そうと思っていたことがあるので、この場を借りて紹介をしたい。

それは、“投企(とうき)”である。“投企”とは、ハイデガーによって提唱された哲学の概念である。「被投という形で生を受けた人間は、常に自己の可能性に向かって存在している。これが“投企”である」(ウィキペディア)。

つまり、「自己の存在の可能性を未来に向かって投げ企てること」であるといえよう。

私たちが生きていく世界はままならぬ世界である(被投性)。しかし、その世界で自己の可能性を試し、どう自己実現していくかは私たちの判断と選択に任され、委ねられているのである。

  1. まず、紙こよりの会は何のために存在しているのか(理念・目的を明確に描く)。
  2. その目的を具現化するための、未来のあるべき姿とは何か(“投企”)
  3. 現状を直視する(被投性)。
  4. 「あるべき姿-現状」とのギャップを捉える。
  5. その差を埋めるために何を為すべきか(戦略と戦術)。
  6. 「仮説~実践~検証」を通して、“投企”の質を高め、続ける。

「アーティストとは環境適応業である」というが、自らの未来に対してあるべき姿(ヴィジョン)を描き、そこに自らを投げ企てることである。(受動から能動へ)

“投企”とは、「主体的価値を創造する生き方、芸術」であるといえよう。

(R2.3.30)aporon2

総合芸術

“多聞言葉”シリーズ(探喫10‐11)

総合芸術

 連休の間に彩雲氏の作品を軸にするために福島に向かった。

 「紙こより画は、いわば“総合芸術”のようなものだ」(「剣道などの武術と価値創造の全技法」龍鳳)と・・・。

 つまり、極めて学術的な領域なので、

2011/ 6/23 20:32

2011/ 6/23 20:32

その問題を解決するのに必要な専門的な知識や技術をひとつふたつ極めたからといって、通用しないのだという。

 さらに、いかに問題解決の手法を学んでも、実践し、場数を踏まないと通用しない世界でもある。なぜかというと、現実の紙こよりの会の課題は、たった一つの正解があるわけではない。経験値がものをいう領域なのだ。小生も紙こより画の創始者として同感である。

 画伯は、「問題解決」に二大要素として次の二つを挙げている。

 一つは、「分析力」。先ずは、徹底して分析し尽くすことだ。丸ごとでは処理できない課題を、どんどん要素分解していくことによって、問題の本質に迫っていくこと。

 次に必要なのが、「構築力」。何をどういう順番で描いていくか、誰をどういう役割で巻き込んでいくべきかなどを構想すること。

 「分析力」によって得た解を実行に移す段階になると、当事者に対する動機づけが重要になる。つまり、「構築力」で「ビリーブ・ミー」の世界をつくり、これならやれると思ってもらえるかどうかだ。それができて、はじめて進む。

 さて、“総合芸術”に話を戻そう。

 紙こよりの会は、当初から、パートナーシップ制(合作堂)の確立を目指してスタートした。

 これからの時代環境は、さらに複雑化する。しかも、顧客である収集家の価値観は十人十色・・・。恐らく、様々な色合いの作品と向き合うことになるのであろう。では、どのように対処すればいいのか?

 その時、浮かんだのがパートナーシップ制(合作堂)である。「個人の限界を組織の限界にしない。そして、組織の限界を業界の限界にしない」との思考だ。

 多聞理念の中に出てくる「知的サービス」、「切磋琢磨」、「衆知を集める」という言葉はまさに“総合芸術”にとって必要な要素だと思う。

 「問題解決は、いわば“総合芸術”である」という言葉は、言い得て妙である。

 人生も、芸術もつねに問題解決の連続である。その“総合芸術”に関わり、一員として生きていくためには、つねに自己研鑽をし、周りから必要とされる存在であることが求められよう・・・。そうありたいと、改めて思う。

(龍鳳R2.3.23)

 

一社)大阪ふうせんバレ-ボ-ル普及会 石井勝治

17関西大会IMGP6789 (3)バルーン(風船・ふうせん)バレーボール3月のお知らせ  2020・3・1

第16回・大阪大会、6月7日(日)長居障がい者SC=参加予定のみなさん

各チームから、以下の説明会・体験会・練習会に、必ず1~2回は参加してください 

長居障がい者SC・説明会、体験会、練習会の日程日 (参加の申込みは、お早めに!)

3月20日(金・祝) 11:30~13:30 (2面)=体験・練習会(2チーム・個人)

3月21日(土)  18:00~20:00 (2面)=大阪大会・説明会(審判・講習)

4月26日(日)  9:30~11:30 (2面)=体験・練習会(2チーム・個人)

5月4日(月・祝) 15:30~17:30 (2面)=体験・練習会(2チーム・個人)

5月6日(水・祝) 13:30~15:30 (2面)=体験・練習会(2チーム・個人)

5月24日(日)  9:30~11:30 (2面)=体験・練習会(2チーム・個人)

* 学校・支援学校・事業所・作業所・施設・市民活動など体験会は、ご相談ください。

“ ふれ愛 ♡ ささえ愛 ♡ 笑い愛 ♡ ”を大切にしています!

                                                               

 

 

☆ 3月1日(日)15日(日)東淀川区役所・FV大阪練習は中止。

☆ 3月25日(水)吹田市・障がい者スポーツ講習会、中止。

ホームページ、「 https://www.balloonvolleyball.org/ 」ご覧ください。

4月25日(土) トヨ♡パラ (なんば・府立体育館)、招待参加します。

6月7日(日)・第16回大阪大会・長居障がい者SCにて、開催します。

10月25日(日)・第14回関西大会・舞洲障がい者SC、開催予定です。

                                                                  

 

「風船バレー用品・予算など相談可     ◎ お問合わせは、下記にお願いします。

風船(直径40㎝桃色)1個150-鈴1個50- 一社)大阪ふうせんバレーボール普及会 会長 石井勝治

風船5個750+〒140=890円+10%          〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-17-5-637

風船5個750+鈴10個500+〒205=1455円+10%     Tel/Fax 06-6815-3523

 風船50個入1箱・鈴50個入1袋、別途価格     (MP-mail)ishiii. 1413 @ docomo. ne. jp 

ポンプ600円ゲージ300円,1200円,ゼッケンは別途」  (PC-mail)ishkatsu @ yahoo. co. jp

(日本バルーンバレーボール協会・設立準備室、普及会事務局内に立ち上げてます。)

 バルーン(風船、ふうせん)バレーボールを

 応援・参加してくださる皆さんへ

 

一般社団法人に認可されて、いよいよ4月からは

本格的に始動を準備しております。

個人・団体として会員登録をお願いしますと共に、

応援の方々のご寄付も、よろしくお願いいたします。

詳細は、4月のお知らせ以降に、郵送します。

 

添付しました「3月のお知らせ」を、ご覧いただき、

ご協力をお願いいたします。

 

  (一社)大阪ふうせんバレーボール普及会

            石井勝治