総合芸術

“多聞言葉”シリーズ(探喫10‐11)

総合芸術

 連休の間に彩雲氏の作品を軸にするために福島に向かった。

 「紙こより画は、いわば“総合芸術”のようなものだ」(「剣道などの武術と価値創造の全技法」龍鳳)と・・・。

 つまり、極めて学術的な領域なので、

2011/ 6/23 20:32

2011/ 6/23 20:32

その問題を解決するのに必要な専門的な知識や技術をひとつふたつ極めたからといって、通用しないのだという。

 さらに、いかに問題解決の手法を学んでも、実践し、場数を踏まないと通用しない世界でもある。なぜかというと、現実の紙こよりの会の課題は、たった一つの正解があるわけではない。経験値がものをいう領域なのだ。小生も紙こより画の創始者として同感である。

 画伯は、「問題解決」に二大要素として次の二つを挙げている。

 一つは、「分析力」。先ずは、徹底して分析し尽くすことだ。丸ごとでは処理できない課題を、どんどん要素分解していくことによって、問題の本質に迫っていくこと。

 次に必要なのが、「構築力」。何をどういう順番で描いていくか、誰をどういう役割で巻き込んでいくべきかなどを構想すること。

 「分析力」によって得た解を実行に移す段階になると、当事者に対する動機づけが重要になる。つまり、「構築力」で「ビリーブ・ミー」の世界をつくり、これならやれると思ってもらえるかどうかだ。それができて、はじめて進む。

 さて、“総合芸術”に話を戻そう。

 紙こよりの会は、当初から、パートナーシップ制(合作堂)の確立を目指してスタートした。

 これからの時代環境は、さらに複雑化する。しかも、顧客である収集家の価値観は十人十色・・・。恐らく、様々な色合いの作品と向き合うことになるのであろう。では、どのように対処すればいいのか?

 その時、浮かんだのがパートナーシップ制(合作堂)である。「個人の限界を組織の限界にしない。そして、組織の限界を業界の限界にしない」との思考だ。

 多聞理念の中に出てくる「知的サービス」、「切磋琢磨」、「衆知を集める」という言葉はまさに“総合芸術”にとって必要な要素だと思う。

 「問題解決は、いわば“総合芸術”である」という言葉は、言い得て妙である。

 人生も、芸術もつねに問題解決の連続である。その“総合芸術”に関わり、一員として生きていくためには、つねに自己研鑽をし、周りから必要とされる存在であることが求められよう・・・。そうありたいと、改めて思う。

(龍鳳R2.3.23)