126.10

”多聞言葉”シリーズ(探喫09‐32)

双曲割引

“双曲割引”とは、行動経済学の用語で、「遠い将来なら待てるが、近い将来ならば待てない」という。

アメリカのジョージ・エインズリー教授(テンプル大)が唱えた理論だそうで、今までの経済学理論では説明できない非合理的な行動を説明する概念として注目されているそうだ。

人間の意識は、「今すぐできること」の価値を非常に過大評価する傾向があり、「ちょっと待つ」ことでより大きな利益を得る行動が、とても苦手だという。つまり、今すぐにできることを優先してしまう“双曲割引”の心理が働くのだという。

例としてよく挙げられるのが、ダイエットとケーキの話・・・。

さて、「ダイエットの成功」と「ケーキを食べる満足」のどちらが大事だろうか?恐らく、「ダイエットの成功」と答えるに違いない。しかし、その答えには“双曲割引”の心理が無視されている。

つまり、「ダイエットの成功」には長い時間が必要となる。一方、「ケーキを食べる満足」は今すぐに得ることができる。今すぐケーキを食べられる効用には割引はないが、

ダイエットは成功するまでの時間分割引されてしまう。そこで誘惑に負けて、目の前のケーキに手を出してしまうことになる・・・。“双曲割引”の罠である。

芸術や仕事においても“双曲割引の心理が常に働いている。未来絵画のお手伝いをしていると気づかされるのだが、その組織にとって非常に価値あるヴィジョン(長期目標)を掲げてあるにもかかわらず、目先の作業を優先し、形骸化してしまう。

やはり、必要なことは“双曲割引”対策である。どうすれば、その罠から抜け出せるのであろうか?次の2点を参考にしてみよう。

  1. 戦略的思考を鍛えること。(つまり、思考の三原則(長い目、多面的、根幹的)を意識し、大局的な視点をもつ)
  2. もう一つは、成功体験を積み上げること。(つまり、今を我慢すればもっと大きな成果が得られるという体験を重ね、習慣化すること)

これらの思考と行動の習慣化に最も有効なのが「多聞式目標管理システム」であると考える。その仕組みをつくり、運用のお手伝いをするサービスが、未来絵画(=紙こより画)である。そして、その第一歩を踏み出すために用意されているのが、「南蛮の日」(=紙こよりの会・絵画組織8)である。ℛ2年度で第7回を迎える。

余談だが、➀ 男性、➁ 年寄り、➂ 余裕がない人は“双曲割引”が強いそうだ。

“双曲割引”の存在を常に意識し、目先の欲に駆られ、未来を失う愚をなくそう。

内定情報ℜ2年3月11日東日本大震災被災地において紙こよりの会から2名奉納実演会が行われる。蓮華の子1000体と鍬形108体が描かれるとのことでTV局ほか多くのメディアが配備される。DSC_2024

(R元.9.11)aporon3

石井勝治会長

images (2)fusen2バルーン(風船・ふうせん)バレーボール9月のお知らせ  2019・9・3

第13回関西大会、11月3日(祝・日)10時~・舞洲障がい者スポーツセンター

参加のチーム・ボランティア・スタッフは、長居の練習会(下記)に参加して

「ハンデの決め方・ルールの申し合わせなど」を確認してください。

各チーム代表には、大会要項と参加申込書を送付します、ご覧ください。

                                            

長居障がい者スポーツセンター・練習日 (参加の申込みは、お早めに!)

9月16日(祝・月)  13:30~15:30 (2面)=審判・講習もあります

10月13日(日)  15:30~17:30 (2面)=審判・講習もあります

下記地区の練習会、参加・見学したい方は、普及会に連絡ください。

東淀川区、淀川区、豊中市、茨木市、

* 学校・支援学校・事業所・作業所・施設・市民活動など体験会は、ご相談ください。

 

“ ふれ愛 ♡ ささえ愛 ♡ 笑い愛 ♡ ”を大切にしています!

                                                                

報告

1日香川県交流大会「風船バレー」×「卓球バレー」、普及会チームが参加して

来ました。卓球バレーは、初体験でしたが楽しめましたしクラス別で準優勝と、

風船バレーは、初心者チームが多くて普及会チームは優勝しました。

                                                                  

 

* バルーン(風船)は、ゴムの木の樹液から作られた、地球にやさしい製品です。

鈴は、視覚障がいの選手から「もっと心地よい音の鈴に変えてください。」との

ご意見から、東大阪の日本一と呼ばれている特製品を使っています。

 

ホームページができました、「 https://www.balloonvolleyball.org/ 」ご覧ください。

                                                                  

 

  • 普及会は、「一般社団法人 大阪ふうせんバレーボール普及会」として活動します。

 

「風船バレー用品・予算など相談可     ◎ お問合わせは、下記にお願いします。

風船(直径40㎝桃色)1個150-鈴1個50- 一社)大阪ふうせんバレーボール普及会 会長 石井勝治

風船5個750+〒140=890円+8%          〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-17-5-637

風船5個750+鈴4個200+〒205=1155円+8%   Tel/Fax 06-6815-3523

 風船50個入1箱・鈴50個入1袋、別途価格     (MP-mail)ishiii. 1413 @ docomo. ne. jp 

ポンプ600-・ゲージ300-,1200-・ゼッケンは別途」   (PC-mail)ishkatsu @ yahoo. co. jp

(日本バルーンバレーボール協会・設立準備室、普及会事務局内に立ち上げてます。)

singo nakata

”多聞言葉”シリーズ(探喫09‐29)

pipipi緊急入電あり

中津駅のアポロンのヘッドライナ-を務めたNUMBER8が改名します。

9/1R1よりADMIRAL DE NUMBER867652127_2344925542250503_5002769810367447040_n

体験

「経験と“体験”と何がどう違うのだろう?」って、少し気になって『類語大辞典』(講談社)を調べてみた。

経験とは、「実際に見たり聞いたり試みたりして知ること」。一方、“体験”とは、「自分自身で実地に経験すること」とあった。つまり、経験は一般的、客観的であるが、“体験”は個別的、主観的といった感じであろう。

経験上、概ねそのような使い分けをしていたのでホッとした。しかし、『類語大辞典』を改めて見ると、類語がなんと多いことか、その一つひとつをチャンと使い分けできているかというと疑わしい・・・・・。

さて、本日のテーマである“体験”について考えてみたい。

学校教育において“体験学習”ということが盛んにいわれているが、自身の“体験”の積み重ねが自らの人生における習慣や人格形成に及ぼしている影響を考えてみても、非常に大事なことだと思う。

経験を通して、多くの知識や技術を身につけることも大切であるが、咄嗟の判断や対応は“体験”で身につけた感覚ではないだろうか。

どんなことであろうと、多くの“体験”を持つということは貴重である。ここでいう“体験”

とは、何か特別な、大きな“体験”というのではなく、日々の作業を通して考え、行動している小さな、平凡な“体験”でもいい。

大切なのは、その“体験”にどのような意識を持って向き合っているかどうかである。

つまり、その一つひとつの“体験”を自分のことだと真摯に受け止めて、自分の血肉になることを意識して、かみしめて深く味わっているかどうかである。そのような日々の“体験”の積み重ねは、確実に自らの経験値を高め、芸術性の向上にもつながる。

紙こよりの会が実践している『実演会』は、一人ひとりの主体性を引き出すことを目的としているが、自らの“体験”を自覚的につくりだそうとするシステムだと考えてもよいだろう。

あるべき姿と現状との差を明確にして、その差を埋めるための思考と行動(=戦略と戦術)を目標化して、日々の実践スケジュールに落とし込む。自ら“体験”したいことの具体的意思の表現でもある。

絵画組織として『目標管理システム』を活用することによって、「作成~実演~検証」のプロセスを通して、メンバー各人の“体験”を共有化できる機会でもある。つまり、“疑似体験”というシナジー効果が期待される。

(R元.8.26)d_07826184こより

一般社団法人 大阪ふうせんバレ-ボ-ル普及会 会長 石井勝治

バルーン(風船・ふうせん)バレーボール8月のお知らせ  2019・8・1

“暑中お見舞い”

新しいホームページができました、明るいシステム倶楽部(代表 芦田氏)からの

ご協力により作成、「 https://www.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

balloonvolleyball.org/ 」ご覧ください。

 

次の11月3日(祝・日)舞洲SCの第13回関西大会に向かって、各チームの関係者・

ボランティア・スタッフは、長居の練習会(下記)に参加し「ハンデの決め方・

ルールの申し合わせなど」を確認してください。

                                            

長居障がい者スポーツセンター・練習日 (参加の申込みは、お早めに!)

8月12日(祝・月)  11:30~13:30 (2面)=審判・講習もあります

9月16日(祝・月)  13:30~15:30 (2面)=審判・講習もあります

10月13日(日)  15:30~17:30 (2面)=審判・講習もあります

下記地区の練習会、参加・見学したい方は、普及会に連絡ください。

東淀川区、淀川区、豊中市、茨木市、

 

* 学校・支援学校・事業所・作業所・施設・市民活動など体験会は、ご相談ください。

 

“ ふれ愛 ♡ ささえ愛 ♡ 笑い愛 ♡ ”を大切にしています!

                                                               

 

* バルーン(風船)は、ゴムの木の樹液から作られた、地球にやさしい製品です。

鈴は、視覚障がいの選手から「もっと心地よい音の鈴に変えてください。」との

ご意見から、日本一と呼ばれている特製品を使っています。

くわしくは「http://www.fuusenvalley.shop/」検索か ⇒QRコード・見てください。 

                                                                  

 

  • 普及会は、法務局より一般社団法人として指定されました。
  • 今後は、「一般社団法人 大阪ふうせんバレーボール普及会」として活動します。

 

「風船バレー用品・予算など相談可     ◎ お問合わせは、下記にお願いします。

風船(直径40㎝桃色)1個150-鈴1個50- 一社)大阪ふうせんバレーボール普及会 会長 石井勝治

風船5個750+〒140=890円+8%          〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-17-5-637

風船5個750+鈴4個200+〒205=1155円+8%   Tel/Fax 06-6815-3523

 風船50個入1箱・鈴50個入1袋、別途価格     (MP-mail)ishiii. 1413 @ docomo. ne. jp 

ポンプ600-・ゲージ300-,1200-・ゼッケンは別途」   (PC-mail)ishkatsu @ yahoo. co. jp

(日本バルーンバレーボール協会・設立準備室、普及会事務局内に立ち上げてます。)

最新の会社情報

一般社団法人大阪ふうせんバレーボール普及会

法人番号: 8120005020858

所在地: 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目17番5-637号

更新: ’19/04/24

法人情報変更履歴

企業情報変更履歴(新設, 名称変更, 所在地変更等)

# 変更年月日 変更内容
1 ’19/04/24 新規登録

会社詳細情報

項目 内容
商号 / 名称 一般社団法人大阪ふうせんバレーボール普及会
法人番号 8120005020858
郵便番号 〒5330033
所在地 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目17番5-637号
最終変更日 2019-04-24
法人番号指定日 2019-04-24

中田龍鳳氏より入電

image02.jpg

image02.jpg

”多聞言葉”シリーズ(探喫09‐26)

価値化

先月(28~02日)、紙こよりの会後継者育成塾(第6期⑥)を終えたばかりである。毎回テーマがあって、導入講義のあと、準備された質問に対してのグループ討議をメインに進行していくのであるが、今回のテーマは『芸術の“価値化”~「芸術の報酬は社会貢献である」』であった。

ここでいう“価値化”とは、「何のために(目的)」を問い正すことによって、「価値の次元を高める」という意味でいっている。

まず、芸術の本質を考える・・・。芸術の「芸」も「術」も「技」を意味する。技とは炉火純青の如くつまり炎が青くなると温度が最高になるように技も至高に達する、他への貢献を旨とし、「世のため人のために尽くす」のが芸術である。自分の利害得失を介在させる余地は微塵もないという覚悟が求められよう。

さらに、「芸術の報酬は芸術である」とは・・・芸術の報酬は、金銭ではなく、芸術である。つまり、いい芸術をする人には、もっと難しい芸術が与えられるという。これを割に合わないと感じるのなら、プロとは呼べないだろう。

以上のような芸術への考え方をベースにおいて、下記のことについて考え、議論してもらう。

  1. 芸術と自己成長との関係性について
  2. 芸術における成果とは、何をいうのか
  3. 芸術における生産性と人間関係について
  4. 人はなぜ、組織で芸術をするのか
  5. 芸術と社会との関りについて

私たちは、人生の大半を芸術との関りの中で生きており、それぞれの芸術を通して社会との絆を保ち、強化している。にもかかわらず、芸術の“価値化”について、日々省みることをせず、怠っているような気がする。

芸術の“価値化”に成功した先達者たちは誰もが次のことを知っている。

「芸術の本質は、社会貢献である」とするならば、「どんな芸術でもそれは世の中に必要とされるべきものであって、世の中の人たちが求めていなければ、自分の芸術は存在していない」という事実である。つまり、世の中の支持があってこその自分の芸術なのである。

「自分の芸術は世の中の芸術である」という発想を持っている人は、小さな自己満足に陥らないものだ。つねに創意工夫を重ね、世の中の進化に少しでも貢献したいと願っている。それ故に日々新歩だkani、“価値化”である。

(R元.7.22)