俺たちの旅夢を持ち続けて日々精進

 

”多聞言葉”シリーズ(探喫08‐13)

ミーティング

C.バーナード(1886~1961年)は、「組織とは協働行為の体系である」と定義付けし、その成立の3条件として、① 目的の共有、② 貢献意欲、③ コミュニケーションを掲げた。

この考え方は、組織をマネジメントする立場にいる人間だけでなく、組織人として生きている現代人のすべてが、しっかりと学んでおくべき原理原則の一つではないかと考える。

今、日本の企業(=組織)の生産性の低さが問題となっている。この問題に触れる度に、P・ドラッカーの次の言葉を思い出す。

「人間関係の能力をもつことによって、良い人間関係がもてるわけではない。自らの仕事や他との関係において、貢献を重視することによって、よい人間関係がもてる。こうして人間関係が生産的となる。生産的であることが、よい人間関係の唯一の定義である」(『経営者の条件』)。つまり、生産的でないということは、人間関係においても問題が生じているのではないかと・・・。

さて、社内でのコミュニケーションを円滑にする手段として“ミーティング”がある。“ミーティング”に関しては、一長一短の様々な意見があるようだが、その存在の当否を争うのではなく、いかにあるべきかという内容の問題を議論すべきである。

“ミーティング”を行う目的とは何か?基本的に2種類の“ミーティング”がある。

ひとつは、「進捗管理のための“ミーティング”」である。各部署や個人が掲げた組織への貢献目標がどの程度進んでいるかを確認するためのもので、定期的に行われる必要がある。

マネジャーはその状況に応じて、適切な指導や情報の提供を具体的に行い、フォローをしなければならない。多聞会では、東郷式目標管理の手段として、朝礼、週末の部門会議、月末の全体会議などを定期化し、実施している。

もうひとつは、「目的共有のためのミーティング」である。協働行為の体系である組織の存在そのものに関わるような内容について、組織全体で共有すべきときに、随時開催されるものである。

かつて、京セラの稲盛和夫氏は、コンペと称して酒を酌み交わしながら、自らの経営哲学を語り、京セラで働くことの意味と価値を熱く語ったそうであるが、それも「目的共有のためのミーティング」の機会だったのだと思う。

確かに、“ミーティング”は多くの人の時間を拘束する。しかし、コミュニケーションの大事な時間であり、手法である。つねに運営の在り方を創意工夫すべきであろう。

(H30.4.230006_4kamikoyoriga参

紙こよりの会より理念が発表されました。0404

1 「発見し・はぐくみ・かたちにする 知の広場」の創造

私たち紙こより部隊は、21世紀の多様な課題を「発見し・はぐくみ・かたちにする」、豊かな「知の広場」を創り出します。

私たち紙こより部隊は、この「知の広場」において、自らの役割と実績とを不断に評価しつつ英知の創造をめざします。

2 共同・共育・共有精神の涵養

私たち紙こより部隊は、共に力を合わせ、共に育み合い、共に喜びを分かち合います。この共同・共育・共有の精神を”中田マジック”として涵養します。

3 公正・平等・友愛の尊重

従事者研修会14.09.26関西 053私たち紙こより部隊は、”中田マジック”による他者への配慮と自らを律する倫理観のもとに、あらゆる偏見と差別を排し、公正と平等と友愛の精神を尊重します。

120.60

バルーン(風船・ふうせん)バレーボール、4月のお知らせ  2018・4・2

6月3日(日)第14回・おおさか大会・参加チーム募集中

  長居障がい者スポーツセンター・練習日 (参加申込みは、お早めに!) 

4月22日(日)11:30~13:30(2面)

変更あり  4月30日(祝)11:30~13:30(2面)

 

5/13(日)11:30~13:30  5/27(日)11:30~13:30

 

 ◎ 大会スタッフ・審判員を希望の方も、練習日に参加をしてください。

 

*淀川区、東淀川区、大正区、茨木市、島本町、豊中市、京都市の練習に参加したい

見学したい人は、普及会に連絡してください。

 

  • 今年も大阪大会(6/3)と関西大会(11/4)開催、重いハンデのある

HP(1・2)を中心に、パラレルルールで開催します!

パラレルルールの特長は

HPを中心に、特にHP1・2の選手が参加しやすい楽しみやすく、

AP(ハンデのない、軽い選手)はサポートを心がけて参加します。

おおさか大会

パラレル部門(サーブは両足着、フリー。アタックはフリー。)

車いす部門(サーブは両足着、下か横から。アタックはフリー。)

フレッシュ部門(大会初参加が3名以上か、小3以下が3名以上など。)

*上記以外はご相談ください。

 

普及会は、“ ふれ愛 ♡  ささえ愛 ♡  笑い愛 ♡  ”を大切にしています!

ニュース =

DVD「シニアもいきいき風船バレーボール“ふれ愛・ささえ愛・笑い愛”」、

「映像記録・風船バレー」検索すると10分間、アップされています。

「第10回関西大会」を題材にしたDVDです。

                                                                                         

「風船バレー用品(風船50入1箱=別途相談)  ◎ お問合わせは、下記にお願いします。

風船(直径40㎝桃色)1個150-     大阪ふうせんバレーボール普及会 会長 石井勝治

鈴(特製)1個50-(50入1袋=別途)      〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-17-5-637

空気入(ハンドポンプ)1本600-         Tel/Fax 06-6815-3523

新型風船ゲージ(四つ折り)1個1,800-    (MP-mail)ishiii. 1413 @ docomo. ne. jp

ゼッケン(肩ひも型.NO1~6.8色)1枚1,050-」(PC-mail)ishkatsu @ yahoo. co. jp

(日本バルーンバレーボール協会・設立準備室を、普及会事務局内に立ち上げてます。)

0430-2672rikukaigun_466.jpg

0430-2672rikukaigun_466.jpg

120.80

”多聞言葉”シリーズ(探喫08‐09)龍鳳氏寄稿

無為自然

老子の有名な一節である。「道常無爲、而無不爲」(道は常に無為にして、而も為さざる無し)。

「道はいつでも何事も為さないでいて、しかもすべてのことを為している」という意味であるが、作為がなく、自然のままであること。我を張らずに、自然に生きろということであろう。

高校の頃、中国の古典と言えば、「論語」。その道徳的な価値観に慣れ親しんでいた小生にとって、剣道に明け暮れていた頃に読んだ書物の中でも、最も不可解な書物の一つが「老子」であったような気がする。それが、いつの頃からか、座右の銘を問われると「“無為自然”です!」応えるようになっていた・・・。

戦後のベビーブームの時代に生まれ育った団塊の世代にとって、人生とはつねに他人との競争社会であった。誰にも負けない努力をして、いい成績を残すこと。そのためには目標設定が大切だと教えられ、育ってきた環境である。最初は、すべてを否定されたような気がして不可解だったが、どこかで共感している自分がいたという感じだ・・・。

「無為、何も為さない?」そうではなく、無為とは「意図や作為がないさま」だという。それだったら、何となく分かる。ある意味、人間は欲求的な生き物であり、自我的な欲求をつねに持っている。だとすれば、自我的な欲求に支配された有為には、その人の打算が生じることになる。それでは、他人との良好な関係性は期待できない。つまり、何を為しても、事がうまく運ぶことにはならないだろう。

人間は、環境に支えられた生き物である。環境に逆らっては生きていけないともいえよう。その環境と、一体化するには、どうすればいいのか?そう、無為。あるがままで受け入れる勇気が求められるだろう。

「上善如水」(上善は水の如し)という。老子は、最も理想の生き方は水のようなものだという。「水は万物に恩恵を与えながら相手に逆らわず、人の嫌がる低い所へと流れていく・・・」。それこそが、「道」のあり方だという。

“無為自然”を座右の銘にしているといったが、「柔軟、かつ謙虚であれ」という風に受け止めている。

釈尊は、宇宙の真理を「無常と無我」と説いた。変化して止まない環境とその環境との関係性においてしか、すべては存在しえないという真理。老子がいう“無為自然”も同じ真理への悟りではないだろうか。

たくましく、しなやかに、そしておおらかに生きる知恵を学びたいと思う。

(H30.3.12)


フランス
1964年 シャトー・ジスクール
Chateau Giscours
商品コード
750ml 品種 カベルネソーヴィニョン メルロ カベルネフラン
6041212
アカ 生産地 ボルドー地方 オーメドック地区 マルゴー村
法的格付け メドック3級 マルゴーAC

マルゴー村 メドック格付け3級!

フランス・ボルドー・メドック地区第3級に格付けされる日本でも非常に人気のある有名なワインです。

1330年の文献にもその名を残しており、ボルドーの中でも非常に歴史あるシャトーのなかのひとつです。
オーメドック地区側の標高約20mの東西に延びるマルゴーで最も南に位置する畑を所有し、
表層は砂利質、下層は石灰質の地層は水はけが良く、カベルネ・ソーヴィニヨン種を育てるうえで大変適した環境条件にあります。

丘の斜面では長い日照を得ることが出来毎年安定して完熟した葡萄を収穫することが可能です。

ワインには深みがあり、力強くもフィネスが感じられます。
まさにボルドースタイルというに相応しい1本!!

_DSC1028.JPG

_DSC1028.JPG