124.15

”多聞言葉”シリーズ(探喫08‐40)

長寿企業

最近、よく耳にするのが、「100年企業を目指す」という言葉だ。

一説によると、第一次世界大戦(1914~1918)を契機に起業した企業が100年の節目を迎えるというのと、100年企業は世代交代期に入った二代目、三代目経営者の憧れだともいう。

だが、現実は厳しい・・・。かつて、「企業の平均寿命30年説」と言われていたが、最近の調査では17年だという。また、多くの場合100周年を迎えられる企業は3%に満たないという。

なぜ、若死にする企業が多いのか・・・?これに関して、以前に読んだ『企業生命力(TheLivingCompany)』(アリー・デ・グース著)という本に、次のようなことが書かれていたのを思い出す。

「企業の死亡原因は、経営者が商品やサービスの生産活動という経済面に目を向けすぎ、企業の本質が人間集団であることを忘れているのではないか。・・・」

そして、“長寿企業”の条件として、次の4つを掲げている。

① 環境に適応する。(学習能力と適応能力)

② アイデンティティがある。(強い結束力、強力な独自性)

③ 分散型の意思決定ができる。(寛大さ、自由度、建設的な関係性)

④ 余裕とあそび心がある。(保守的な資金調達、柔軟性、独立性)

この著者の核心は、企業を生き物として捉え、考えてみたらどうなるのだろう、という視点である。

これは、組織論でいうと、機械的な組織ではなく、有機的な組織としての企業をベースに据えて、“長寿企業”の条件をまとめ上げたのもだといえよう。有機体的思考の特徴は、目的思考であり、関係性思考であり、そして全体的思考である。一言でいうと、システム思考である。(分離思考ではなく、統合思考)

企業そのものが生き物であるとするならば、他(環境)との関係性を無視しては生きていけないのは当然だ・・・。組織を構成するメンバー、環境あるいはその変化に対して、主体的に関わっていって初めてその存在価値が生まれるのだと思う。

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることができるのは、変化できる者である」(ダーウィン)を引用するまでもなく、変化に適応できるように自己革新し続ける必要である。

“長寿企業”とは、絶えざる変化に対するマネジメントの達人をトップに据える企業に他ならないといえよう。(もう一つ加えるとするならば、運を引き寄せるトップ・・・)

(H30.11.19)DSC_1581

124.15” への1件のコメント

  1. ”多聞言葉”シリーズ(探喫08‐41)
    未来の記憶
     先週の”考える言葉”シリーズ(18‐40)で紹介した『企業生命力(TheLivingCompany)』(アリー・デ・グース著)の本の中で、紹介してあった“未来の記憶”(Memory of the Future)について考えてみたい。
     この考え方は、小生が推奨する「未来絵画を芸術に活かすことの重要性」を端的に表現しており、参考になる。
     “未来の記憶”という思考を提唱したデービット・イングバール(ルンド大学教授)によると、「人間の脳には絶えず未来を予知する能力があるという。毎日の生活で、我々は本能的に時々刻々、未来への行動計画・指針を想像している」という。
     例えば、「もし、あることが起これば、自分はこうしよう」という具合に、起こりうる活動を時系列に順序立てて整理する。これは、予測でも予言でもなく、仮定の下で予想される出来事である。つまり、未来に予想される出来事を行動の選択に結びつけることを意味している。
     脳はこのように時系列的な思考をし、記憶するという。つまり、未来に記憶を持ち、想像の中で絶えず作り替え最適化を図りつつ、未来と現在のあいだの時間の経路を行き来するのだ。イングバールは、こうした思考を“未来の記憶”という言葉を使って表現している。
     これはまさに、あるべき姿を描き、現状との差を認識する。その差を埋めるために目標設定して、「仮説~実践~検証」というサイクルの仕組みをつくり、運用するという未来絵画の基本概念である。
     “未来の記憶”とは、脳内活動であり、人間の言語能力と認識力に関係があるという。
    そして、次のような効用があるという。
     「“未来の記憶”は脳内にインプットされる沢山のイメージや感覚を識別して、それらを関連付ける働きを持つらしい。我々は、予想される未来に関する記憶と合致するものを意味あるものとして認識する・・・・」
     つまり、“未来の記憶”に伴う行動を引き起こさせる。さらに、”“未来の記憶”がフィルターの役割をして、多くの人たちにとって避けられない情報過剰を緩和する役割を果たしてくれるのだという。
     自らが想像する“未来の記憶”が、自らの行動の選択に大きな影響を与えているとするならば、「仮説~実践~検証」のサイクルを習慣づける未来絵画サービスの実践は、芸術家にとって極めて重要な意味をもっていると言えよう。
     未来絵画の策定は、まさに“未来の記憶”を活用するためにあるといえよう。
    (H30.11.26)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です